<% content.header -%>
スポンサードリンク
<% content.free.text %>
<% content.footer -%>

自動車、自倍責保険の住所変更

自動車の住所変更と自賠責保険の変更

陸運局内にある用紙販売所で、自動車の住所変更手続きに必要な申請用紙などを購入します。

書類に必要項目を記入し提出します。
自動車の住所変更手続きに関する申請書類を記入し提出します。

申請書類の記入方法は陸運局に見本がありますので参考にしながら記入できます。

自動車税申告書を入手します。
陸運局敷地内の税事務所で自動車税申告用紙を入手して、用紙を窓口に提出します。

自動車税申告書を提出することで、翌年からの自動車税納付通知が新住所に届く様になります。

旧ナンバープレートを外します。
自動車の住所変更手続きで管轄が異なり、ナンバープレートが変更になる場合は、ナンバーを外し返還指示書を登録番号票交付所という所に提出すると、新しいナンバープレートがもらえます。

新ナンバープレートは自分で取り付ける必要があります。取り付けしたら係人に連絡し、ナンバーの刻印を封印してもらいすべての手続きが完了します。

引越しで住所が変わったから、自賠責保険証の記載内容まで変更しなくても特に問題はありませんが、変更しておきたい場合は少々面倒ですが下記の様にします。

自賠責保険証の記載内容を変更するには、記載されている保険会社を調べ、保険会社の窓口で「自動車損害賠償責任保険承認請求書」を入手します。
必要事項、認印を記入、捺印し、自賠責保険証と新住所が書かれている車検証のコピーを提出し、変更手続きを行います。
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/65932617
<% content.header -%>
スポンサードリンク
<% content.free.text %>
<% content.footer -%>

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。