<% content.header -%>
スポンサードリンク
<% content.free.text %>
<% content.footer -%>

引越しの文例

引越しが終わったらできるだけ早く、引越しのあいさつ状(ハガキ)を出しましょう。

引越しのあいさつ状を出すのは、引越ししてから約1ヶ月以内が一般的です。

引越しの前後は非常に忙しくなりますので、引越しする前から引越しあいさつ状の準備をして、引越しが終わったらすぐに出せる様にしておくとベストでしょう。

引越しのあいさつ状は、冒頭に簡単な時候のあいさつをし、引っ越したことのお知らせ、文末に新しい住所を書きます。
難しい地名であればふりがなをふっておくとより親切と思います。

参考としていろいろなタイプの引越あいさつ文の例を参考にして下さい。

例1(縦書き)

拝啓、時下益々ご健勝にてお過ごしのこととお慶び申し上げます。
さて、このたび左記へ転居致しました。
お近くにお越しの際にはお気軽にお立ち寄りください。
まずはご挨拶かたがたお知らせまで。
                                    敬具

例2(縦書き)

謹啓、春暖の候皆さまには益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
さて、このたび私どもは左記の住所へ転居致しました。
お近くにお出かけの折には是非一度お立ち寄り下さい。
まずはご挨拶かたがたお知らせ申し上げます。
                                    敬具

例3

拝啓、皆様にはお変わりなくお過ごしでございましょうか。
さて、この度手頃な引越先が見つかり、下記へ転居致しました。
自然に恵まれ、育ち盛りの子供達の健康にプラスになればと願っております。
お近くにお出かけの際にはお気軽にお立ち寄りください。
まずはご挨拶かたがたお知らせ致します。
敬具
この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/65932616
<% content.header -%>
スポンサードリンク
<% content.free.text %>
<% content.footer -%>
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。