<% content.header -%>
スポンサードリンク
<% content.free.text %>
<% content.footer -%>

結婚前の引越し手続き

結婚すると入籍をするための婚姻届や、新生活をスタートさせるため各種公的手続き、名義変更など。初めて行うことばかりで、種類も沢山でまだあるの?って感じですね?うんざりしますが一生に一度の事ですので頑張って下さい。

市町村町役場に行く必要があるのは「引越し前」に行う転出届と、「引越し後」に行う転入届と最低限でも2回。できる事ならこの2回を利用して、なるべく多くの手続きを済ませてしまいましょう。
何度も市役所や役場に行くのは大変ですからね。よく下調べしておいて行った方が効率的で賢いと思います。

さて、ここではまず引越しする前に行う手続きについて紹介したいと思います。

引っ越し前(転居前の市町村町役場で行います)

婚姻届と戸籍謄本は「引越し前」に書類をもらっておいて「引越し後」に入籍すれば最も効率がいいでしょう。

何をもらったり提出したりするの?

転出届
印鑑登録廃止届
婚姻届
戸籍謄本

いつ提出したらいいの?

引越しの2週間前位のタイミングが良いでしょう。

何を用意したらいいの?

印鑑
国民健康保険証国民年金手帳(加入している方)

注意すること

転居届に記入する事として
転出する人の旧居の住所、氏名、世帯主氏名
転出先(新居)の住所
転出する予定年月日
転出先での世帯主の氏名
などがあります。転出先の住所が分らないと届出できませんから注意しましょう。

転居届の手続きが終了したら「転出証明書」をもらっておきましょう。

各書類は書き損じた場合に備えて書類は2枚もらっておくといいでしょう。
この記事へのトラックバック
<% content.header -%>
スポンサードリンク
<% content.free.text %>
<% content.footer -%>

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。